レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】NTTドコモ、駐車場事業者向けソリューション「docomoスマートパーキングシステム」の提供を開始  

【業界トピックス】NTTドコモ、駐車場事業者向けソリューション「docomoスマートパーキングシステム」の提供を開始  

NTTドコモ、駐車場事業者向けソリューション「docomoスマートパーキングシステム」の提供を開始

 NTTドコモは、スムーズに空き駐車場を確保したいドライバーと、手軽に駐車場を開設し、集客したい駐車場事業者をつなぐ「docomoスマートパーキングシステム」の提供を開始した。
 
 「docomoスマートパーキングシステム」は、ドコモが駐車場事業者向けのB2B2Cソリューションとして2016年6月より実証実験を開始。同システムは、車の入出庫を感知するIoT機器「スマートパーキングセンサー」、センサーとサーバーをつなぐ「ゲートウェイ」、クラウド上の「駐車場管理サーバー」およびドライバーが駐車場利用時に使用する専用アプリ「Smart Parking Peasy」の4つから構成される。
 
 IoT技術の活用による低コストと設備敷設の容易さを特長としていることから、駐車場事業者は、狭い土地や、大通りに面していない土地や、これまで月極駐車場として運営されていた土地の、時間貸し駐車場としての利活用が可能となり、都心部の駐車場の増加が見込める。駐車場事業者をサポートするための駐車場運営に必要なコンタクトセンターや駐車場の保守サービスは、提携先であるプレステージ・インターナショナルが提供する。これにより、駐車場事業者は、用地の開拓や駐車料金の設計等の事業運営に専念することが可能となる。
 同システムは、すでに駐車場事業者5社が東京23区を中心に提供する15カ所の駐車場に採用されており、利用できる駐車場は順次追加予定だとしている。
 
 また、ドコモはドライバー向け専用アプリ「Peasy」も同日より提供開始する。「Peasy」は、ドライバーが目的地付近の空き駐車場を探すことができるアプリ。アプリからクレジットカード情報を登録することにより、料金精算用の現金を準備せずに駐車場を利用できるようになる機能も備える。
 
 ドコモは、IoT技術を活用した同システムの継続的な改良・普及促進により、2020年3月までに5,000カ所程度の駐車場への導入拡大を目指すとしている。

http://denpanews.jp/