レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】WeChatPayユーザーがLINE Pay加盟店でも決済可能に、LINE Pay Global Allianceを発表

【業界トピックス】WeChatPayユーザーがLINE Pay加盟店でも決済可能に、LINE Pay Global Allianceを発表

WeChatPayユーザーがLINE Pay加盟店でも決済可能に、LINE Pay Global Allianceを発表

 LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、国内「LINE Pay」加盟店が訪日インバウンド需要の取り込みが可能になる「LINE Pay Global Alliance」を発表した。
 
 これまで、「LINE Pay」は「LINE」のローカリゼーション戦略の下、各国独立したサービスとして運営していた。しかし、2019年以降、増加が見込める訪日客へのスムーズな決済サービスの提供やインバウンド需要の確実な加盟店への取り込みを目的として、「LINE Pay Global Alliance」構想を推し進めるとのこと。
 このアライアンスに参加する各国/地域の決済サービスユーザーが訪日した際、日本国内の「LINE Pay」加盟店・対応箇所において新たにアプリダウンロードや新サービスの登録の手間なく支払いが可能になる。
 
 具体的には、まず2019年早期に中国最大のSNSアプリ「WeChat」を展開するTencent社との戦略的提携により、「WeChatPay」ユーザーが訪日した際に「LINE Pay」のQRコード決済に対応する加盟店・決済対応箇所で支払いが可能になるとのこと。
 また、2019年中に韓国最大の検索サイトを運営するNAVERとも提携し、Naver Payユーザーも同様に利用可能になるほか、日本以外の台湾、タイ、インドネシアの「LINE Pay」ネットワークとも連携し、日本でも普段の生活で「LINE Pay」を使うのと変わりなく支払いができるようになるとのこと。
 
 「LINE Pay」は、インバウンド対応を強化することで、国内最大のインバウンド対応決済サービスを目指すとしている。