レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】 HUAWEIが携帯電話世界シェア第3位に浮上、Microsoftは4位へ転落

【業界トピックス】 HUAWEIが携帯電話世界シェア第3位に浮上、Microsoftは4位へ転落

HUAWEIが携帯電話世界シェア第3位に浮上、Microsoftは4位へ転落

 米Strategy Analyticsは2015年第2四半期における携帯電話端末市場の調査結果を発表した。調査によるとファーウェイがマイクロソフトのシェアを抜き、初めて世界第3位の携帯電話メーカーとなっている。

 2015年第2四半期の世界携帯電話出荷数は前年同期比2%増の4億3460万台となり、そのうち8割がスマートフォンであるという。また2%伸び率は過去2年間で最低の値となっており、中国、ヨーロッパ、アメリカ市場の伸び悩みが原因であると指摘されている。
 メーカー別にみてみると、ファーウェイの出荷台数は3,060万台となり、前年同期の2,060万台から大幅に増加。市場シェアは7%まで広げ、マイクロソフトを抜き世界3位となった。中でも「Ascend Mate7」ような4Gに対応したモデルが好調のであるという。
 出荷台数・シェアで1位となったのはサムスン。今期の出荷台数は8,900万台であるものの、前年同期の9,530万台から後退。シェア率も22.3%から20.5%へと落としている。
 2位はApple。出荷台数は前年同期比35%増の4,750万台でシェア率も8.2%から10.9%へと伸ばしている。
 4位に転落したマイクロソフトは前年同期の5,030万台から2,780万台にまでに減少させ、シェア率も11.8%から6.4%まで落とし、ファーウェイに抜かされてしまっている。Windows 10を搭載したモデル待ちの状況だ。
 5位には中国のXiaomiが位置づけている。

http://www.denpanews.jp/