срочный займвзять кредит онлайн

データ・レポート

Data & Report

HOME ≫ データ・レポート ≫ 【業界トピックス】「モバイルPASMO」、Android端末で3月18日からスタート

【業界トピックス】「モバイルPASMO」、Android端末で3月18日からスタート

「モバイルPASMO」、Android端末で3月18日からスタート

 PASMO協議会は、3月18日から「モバイル PASMO」のサービスを開始する。これまではカード式に限定されていた交通系ICカード「PASMO」が、Androidスマートフォンでも利用可能になる。

 2020年3月18日10時からサービスを開始。Google Play ストアから「モバイル PASMO」アプリをインストールして利用可能になる。対応機種は、Android 6.0以上で、最新版のおサイフケータイアプリがインストールされている端末。

 対応端末にモバイルPASMOアプリを入れて、従来のカード式PASMOと同様に電車やバスの交通利用や電子マネーで買い物ができるほか、本人名義のクレジットカードを登録すれば窓口に行かずに、定期券の購入やチャージ(入金)をスマホだけで行なえる。

 対応クレジットカードは、American Express、JCB、Mastercard、Visa。事前に各クレジットカード発行会社での本人認証サービス(3D セキュア)の登録が必要。

 オートチャージについては、「クレジットカード登録とは別にPASMOオートチャージサービスに対応したクレジットカードを設定することで利用できる」としている。

 また、端末の紛失や故障の場合も簡単な手続きで再発行可能で、残額や履歴をスマホの画面で確認できる。バスをお得に利用できる「バス特」のポイントや、チケットの情報も確認できる。

 モバイルPASMOは、会員登録をしなくても利用できるが、定期券の購入や再発行の手続きなどには会員登録が必要。会員登録では、氏名(漢字・カナ)、生年月日、性別、郵便番号、端末電話番号、メールアドレス、ログインパスワードの登録が必須となる。

 定期券発売予定事業者は、小田急、京王、京成、京急、埼玉高速鉄道、相模鉄道、首都圏新都市鉄道、新京成電鉄、西武鉄道、千葉都市モノレール、東急、東京地下鉄、東京都交通局、東武鉄道、北総鉄道、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、横浜市交通局、横浜シーサイドラインなど。多くのバス事業者も参加する。

http://www.denpanews.jp/