レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】アップル、定額制映像配信サービス「Apple TV+」今秋開始。

【業界トピックス】アップル、定額制映像配信サービス「Apple TV+」今秋開始。

アップル、定額制映像配信サービス「Apple TV+」今秋開始。

 アップルは、オリジナルのTV番組や映画、ドキュメンタリーなどが楽しめる定額制映像配信サービス「Apple TV+」を発表した。今秋にサービスを開始し、価格は同時期に発表予定。オプラ・ウィンフリー、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、J・J・エイブラムスなどのクリエイター達がコンテンツを用意。広告の表示されないサブスクリプションサービスとして提供。コンテンツはダウンロードもでき、オフライン状態でも再生できる。

 Appleは新しく生まれ変わったApple TV アプリケーションとApple TV チャンネルを2019年5月に公開予定。新しく生まれ変わったApple TVアプリケーションは、iPhone、iPad、Apple TV、Mac、スマートテレビ、ストリーミングデバイスの境界を越えて、テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどを発見し視聴する方法を1つのアプリケーションにまとめる。ユーザーは新しいApple TVチャンネルを利用してチャンネルの登録と視聴ができるようになり、HBO、SHOWTIME、 Starzなどの番組も、個別に課金する事で、Apple TVアプリから楽しめるようになる。また、ケーブルテレビや衛星放送のプロバイダが提供するスポーツ、ニュース、ネットワークのテレビ番組が楽しめるほか、iTunes Storeにある映画やテレビ番組の購入とレンタルも可能。すべてのコンテンツは高画質・高音質で、オンデマンドにより、オンラインでもオフラインでも再生できる。

 Apple TVチャンネルのラインナップには、HBO、Starz、SHOWTIME、CBS All Access、Smithsonianチャンネル、EPIX、Tastemade、Nogginなどの人気サービスや、MTV Hitsのような新しいサービスがあり、今後も世界各国で様々なチャンネルが追加される予定。

 今後Amazon PrimeやHuluなど、150以上のストリーミングアプリや、Canal+、Charter Spectrum、DIRECTV NOW、PlayStation Vueなどの有料テレビサービスの視聴も、このアプリを介して可能になる。年内に、Optimum、AlticeのSuddenlinkも、ラインナップに追加される予定とのこと。


http://www.denpanews.jp/