レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】オプテージ、ウェアラブル端末による作業員安全管理支援ソリューション「みまもりWatch」提供開始

【業界トピックス】オプテージ、ウェアラブル端末による作業員安全管理支援ソリューション「みまもりWatch」提供開始

オプテージ、ウェアラブル端末による作業員安全管理支援ソリューション「みまもりWatch」提供開始

 オプテージは、LoRaWAN対応の腕時計型ウェアラブルトラッカーを活用し、屋外作業や工場などにおける現場業務の安全性向上を支援する作業員安全管理支援ソリューション「みまもりWatch」の提供を開始した。

 「みまもりWatch」は、独自のアルゴリズムを活用し、作業員ごとの危険情報をWeb画面で集中監視できる作業員安全管理支援ソリューション。オプテージは、関西電力病院 救急集中治療科 部長 端野琢哉医師の監修のもと、周囲の温湿度情報から最新のWBGT(暑さ指数)値を推定し、作業員ごとのバイタル情報と合わせて熱中症のリスクを判定するアルゴリズムを独自で開発。みまもりWatchでは、そのアルゴリズムを活用し、熱中症危険度を判定する。

 同ソリューションは、45gと軽量な腕時計型ウェアラブルトラッカーと温湿度センサーおよびmineoSIMを内蔵したLoRaWAN親機をセットにしたソリューションで、Web画面で集中監視することができる。また、転倒の検知やSOSボタンで危険状態をメールでお知らせし、管理者の駆けつけが可能なため、一年を通して利用できる。
 LoRaWAN親機は、他のIoTセンサーと接続が可能で、現場の各種データ収集にも利用可能となっている。