レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】スマホ決済「au PAY」4月9日から提供開始

【業界トピックス】スマホ決済「au PAY」4月9日から提供開始

スマホ決済「au PAY」4月9日から提供開始

 KDDIは、バーコードやQRコードをつかった新たなスマホ決済サービス「au PAY」を4月9日から提供する。
 
 「au PAY」は、「au WALLETアプリ」から利用でき、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードをPOSレジや各種端末で読み取ることで、対象店舗での買い物支払いに利用できるスマホ決済サービス。コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、飲食店等、さまざまな店で利用可能で、対象店舗は今後順次拡大していく予定。
 
 支払いは、「au WALLET 残高」を利用し、「au WALLET 残高」へのチャージは、すでに貯まっている「au WALLET ポイント」や、「auかんたん決済 (通信料金合算支払い)」、じぶん銀行、クレジットカード、auショップ・ローソン店頭など、さまざまな方法から選択できる。
 また、2019年夏以降、「au WALLET 残高」へのチャージ方法を拡充し、全国に2.5万台あるセブン銀行ATMで現金チャージが開始になるほか、「auかんたん決済 (リアルタイムチャージ)」では、残高不足時にその場で不足額を自動でチャージすることが可能になる。
 
 「au PAY」は、利用金額に応じて、200円 (税込) ごとに1ポイント (0.5%相当)、auスマートパスプレミアム会員には200円 (税込) ごとに3ポイント (1.5%相当) の「au WALLET ポイント」を還元する。
 なお、4月15日以降順次開催する「au WALLET ポイント つかえる! たまる! キャンペーン」期間中に利用すると、利用金額の合計最大26.5%の「au WALLET ポイント」をユーザーに還元する。
 
 また、街のお店のキャッシュレス対応を支援するべく、主に中小規模の加盟店向けに、無料で店舗用アプリ「au PAY for BIZ」を提供する。「au PAY」加盟店向けページから、加盟店登録の申し込みを行い、タブレットやスマートフォンなどで「au PAY for BIZ」を利用することで、加盟店は簡単に「au PAY」を導入することができる。