レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ソフトバンク、携帯電話の基地局を活用して3,300カ所以上に独自基準点を設置し、全国展開

【業界トピックス】ソフトバンク、携帯電話の基地局を活用して3,300カ所以上に独自基準点を設置し、全国展開

ソフトバンク、携帯電話の基地局を活用して3,300カ所以上に独自基準点を設置し、全国展開

 ソフトバンク株式会社は、RTK測位によって誤差数センチメートルで測位が可能なサービスの提供を、2019年11月末から法人向けに全国で開始する。また、サービスの提供開始に先駆けて、ヤンマーアグリ株式会社、鹿島建設株式会社およびSBドライブ株式会社と連携し、各産業での実用化に向けた共同実証を7月から順次行う予定。

 このサービスは、準天頂衛星「みちびき」などのGNSSから受信した信号を利用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの測位を可能にするもの。ソフトバンクは、自社の基地局の設置場所を活用することで、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3,300カ所以上に設置する。

 具体的には、ソフトバンクの独自基準点が受信した信号を基に、「測位コアシステム」で補正情報を生成し、ソフトバンクのモバイルネットワークを通して農機や建機、自動運転車、ドローンなどに搭載されたGNSS受信機(移動局)へ補正情報を配信する。この補正情報と、GNSS受信機が受信した信号を活用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの高精度な測位がリアルタイムで可能になる。なお、補正情報の生成およびGNSS受信機への配信は、このサービスの提供に当たってソフトバンクとイネーブラー株式会社の共同で設立した、ALES株式会社が行う。

【サービスの特長】
1. 全国3,300カ所以上に独自基準点を設置
 ソフトバンクの基地局を活用して全国3,300カ所以上に独自基準点を設置するため、ソフトバンクの携帯電話が使えるエリアで、安価かつ手軽に誤差数センチメートルの測位が可能になる。また、全国に高密度で基準点を配備することで、非常に短い時間で安定的な測位とハンドオーバーが実現するため、基準点をまたぐような長い距離を移動する際も、継続して高精度な測位が可能となる。なお、ソフトバンクの独自基準点は、国土地理院が設置している約1,300カ所の電子基準点を活用して運用を行う。

2. 安価に導入できるGNSS受信機を独自開発
 これまで、RTK側位が可能なGNSS受信機は高価でしたが、より多くの企業がセンチメートル級の測位サービスを活用し、新たなサービスやマーケットの拡充を実現できるよう、専用のGNSS受信機を独自開発し、従来の他社サービスよりも安価で提供する。

3. クラウドRTKの開発も開始
 今後、省電力・小型化が求められるインフラ監視用センサーやウエアラブルデバイスなどでも、誤差数センチメートルの位置情報を活用できるよう、GNSS受信機がなくてもクラウド上でRTK測位を行えるサービスの開発も進めていく。
 
http://www.denpanews.jp/