レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ドコモ、リクルートと業務提携し「dポイント」を中心に利便性とサービスの向上めざす

【業界トピックス】ドコモ、リクルートと業務提携し「dポイント」を中心に利便性とサービスの向上めざす

ドコモ、リクルートと業務提携し「dポイント」を中心に利便性とサービスの向上めざす

 株式会社NTTドコモは、株式会社リクルートと業務提携契約を締結した。ドコモが提供する共通ポイント「dポイント」を中心に、リクルートが提供するさまざまなサービスユーザーと、ドコモのdポイントクラブ会員ユーザーの利便性とサービスの向上をめざし、エコシステムの拡大に取り組んでいくとのこと。
 また、同時にリクルートと中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開についての基本合意書を締結し、株式会社リクルートライフスタイルが提供する業務・経営支援サービスAir BusinessToolsにおける協業も強化していく。

■業務提携/基本合意の概要
(1)リクルートグループが提供する各種Webサービスで「dポイント」がたまる・使える
 リクルートグループのWebサービスにおける共通ログインIDである「リクルートID」と、ドコモの「dアカウント」を連携し、「じゃらん」「ホットペッパービューティー」「ホットペッパーグルメ」など12のWebサービスを通して予約した、約20万店舗でのサービスの利用で「dポイント」がたまるようになる。
 たまった「dポイント」は、1ポイント1円として上記サービスで使えるほか、dポイント加盟店やd払い加盟店での買い物などにも利用できる。
 対応時期は、2020年度第3四半期を予定している。
また、今後dポイント加盟店などの販促支援をはじめ、マーケティング協業についても検討し、協業を通じてdポイントクラブ会員基盤の拡大にも取り組んでいく。

(2)Air BusinessToolsにおける連携強化
 2020年4月(予定)から、リクルートライフスタイルが提供するお店の決済サービス「Airペイ」のオプションサービスである「Airペイ ポイント」で、「dポイント」の取り扱いが開始される。これにより、ユーザーは「Airペイ」を導入している店舗で「dポイント」をためたり、使ったりすることができるようになる。
 なお、「Airペイ」は2018年4月から「d払い」による決済に対応している。
 今後は、中小個店向けの業務・経営支援に貢献できる新しいサービス「Airシリーズ for docomo(仮称)」の提供について、共同で検討する。また、2019年4月から実施している、全国のドコモ販売代理店の営業活動を通じた「Airペイ」導入店舗の開拓についても、継続して取り組む。

http://www.denpanews.jp/