レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】ドコモ、月額150円~のIoT機器向け料金プランと通信方式「NB-IoT」を提供開始

【業界トピックス】ドコモ、月額150円~のIoT機器向け料金プランと通信方式「NB-IoT」を提供開始

ドコモ、月額150円~のIoT機器向け料金プランと通信方式「NB-IoT」を提供開始

 NTTドコモは、IoT機器を低消費電力かつ広域で運用可能なLPWA(Low Power Wide Area)利用に適したLTEモジュール向けの新たな料金プラン「LPWAプラン」を4月25日より提供開始する。また、低消費電力・低価格で運用可能な通信方式「NB-IoT」も同日より提供開始する。
 
 今回提供開始する「LPWAプラン」は、150円から始まる「LPWAプランSS」(無料通信分200KB)と、200円から始まる「LPWAプランS」(無料通信分1,000KB)の2プラン。同プランは少量のデータ通信に適しており、機器の異常検知などのIoTソリューションや、FOMAモジュールからLTEモジュールへの移行などに活用できる。
 また、「LPWAプラン」に含まれる無料通信分は共有グループ内で分け合うことが可能なため、異常検知などにより、契約している回線の一部で大量の通信が発生した場合でも、無料通信分を効率的に利用できる。
 
 「NB-IoT」は、省電力化を目的としたセルラーLPWAの一つで、最大通信速度が下り27kbps/上り63kbpsと従来の通信方式に比べ低速となっている。水道などのスマートメーターの遠隔検針や防犯機器などの警報通知、河川氾濫や地すべりなどの災害時における異常検知、公共インフラの予知保全といったLTE-Mよりさらに少量のデータ通信を低頻度で送信する場合など、より低消費電力を求められるIoTソリューションに活用できる。
 
 なお、ドコモが動作確認済みのNB-IoT対応通信モジュールについては、Sierra Wireless、村田製作所などが今後提供する予定とのこと。