レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】九州電力とソフトバンクが共同商品開発に向けた業務提携契約を締結

【業界トピックス】九州電力とソフトバンクが共同商品開発に向けた業務提携契約を締結

九州電力とソフトバンクが共同商品開発に向けた業務提携契約を締結

 九州電力株式会社と、ソフトバンク株式会社は、両社の経営資源を活用した競争力のある商品の開発などに向け、継続的に協議を実施することを目的に、業務提携契約を締結した。

 業務提携事業の第1弾として2019年4月12日から「おうち割 九州電力 でんきセット」の提供を、九州電力エリア内の“ソフトバンク”および“ワイモバイル”の携帯電話取扱店で開始する。

■概要
1. 名称
おうち割 九州電力 でんきセット

2. 内容
利用中の“ソフトバンク”および“ワイモバイル”の携帯電話および固定通信サービスの1回線につき月額100円を割引。

3. 適用条件
事業者:ソフトバンク
適用条件:“ソフトバンク”および“ワイモバイル”の携帯電話(ケータイ、スマートフォン、タブレット、データカード)、固定通信サービスを契約済みであること

事業者:九州電力
適用条件:
九州電力が提供する下記の料金プランのいずれかを契約中であること
・従量電灯B
・従量電灯C
・スマートファミリープラン
・スマートファミリープラン[ガスセット]
・スマートビジネスプラン
・スマートビジネスプラン[ガスセット]
[注]※ 離島供給約款適用ユーザーは除く

「キレイライフプラス」に加入済みまたは新規申し込みすること
[注]※ キレイライフプラスとは、利用者の電気・ガスの料金・使用量や、ポイントサービス「Qピコ」、暮らしに役立つ情報などを見られる九州電力の会員サイト。

4. 申し込み方法
九州電力エリア内の“ソフトバンク”および“ワイモバイル”の携帯電話取扱店で申し込みを受け付ける。なお、「キレイライフプラス」の申し込みも同時に受付可能。

http://www.denpanews.jp/