срочный займвзять кредит онлайн

データ・レポート

Data & Report

HOME ≫ データ・レポート ≫ 【業界トピックス】今後のオンライン学習の利用意向は中学生、母親ともに7割以上―MMD研究所調べ

【業界トピックス】今後のオンライン学習の利用意向は中学生、母親ともに7割以上―MMD研究所調べ

今後のオンライン学習の利用意向は中学生、母親ともに7割以上―MMD研究所調べ

 MMD研究所は、株式会社テスティーが提供するスマートフォンアンケートアプリにて共同調査を行った。第11弾となる今回は、12歳~15歳の中学生の男女400人と、中学生の子供を持つ30歳~50歳の母親353人を対象に2020年8月5日~8月10日の期間で「オンライン授業に関する中学生とその親の実態調査」を実施。調査結果は以下の通り。

■ 休校要請のあった3月2日~5月末までの学校の体制、「休校していた」が95.9%
休校中の連絡方法は「アプリ」「電話」「メール」

 12歳~15歳の中学生の男女400人と、中学生の子供を持つ30歳~50歳の母親353人の計753人を対象に、休校要請のあった3月2日~5月末までの3か月間、通っている学校はどのような体制だったか聞いたところ、「休校していた」は95.9%となり、そのうち、「休校が多かったが、登校もしていた」が54.7%と最も多く、次に「休校していた(登校は一度もしていない)」が36.0%、「登校が多かったが、休校もしていた」が9.3%となった。

 次に、休校していたと回答した722人を対象に、休校中の学校からの連絡方法について複数回答で聞いたところ、「アプリで連絡」が58.0%と最も多く、次に「電話で連絡」が30.3%、「メールで連絡」が25.6%となった。

■ 中学生の学校主催のオンライン授業経験者は51.8%、利用サービスは「Zoom」がトップ

 中学生400人と中学生の母親353人を対象に、オンライン授業について知っているか聞いたところ、認知に関して中学生は92.7%、中学生の母親は91.8%とどちらも9割以上知っているという結果となった。

 次に、休校していたと回答した722人を対象に、学校が主催するオンライン授業を受けたか聞いたところ、「受けたことがない/オンライン授業をやっていない」は中学生(n=380)が48.2%、中学生の母親(n=342)が45.9%とどちらも最も多く、次に「以前は受けていたが、今は受けていない」は中学生、中学生の母親ともに36.3%、「現在受けている」は中学生が15.5%、中学生の母親が17.8%となり、オンライン授業経験者は中学生が51.8%、中学生の母親が54.1%となった。

 次に、学校主催のオンライン授業経験者382人を対象に、学校主催のオンライン授業で利用しているサービスを複数回答で聞いたところ、「Zoom」が33.0%と最も多く、次に「スタディサプリ」が22.8%、「Classi」が13.4%となった。

 続いて、学校主催のオンライン授業に満足しているか対象者別に聞いたところ、「満足している」「やや満足している」を合わせた満足度は中学生(n=197)が73.6%、中学生の母親(n=185)が63.8%となり、9.8ポイント差となった。

 次に、学校主催のオンライン授業を利用したことがない340人を対象に、休校中の学習について複数回答で聞いたところ、「登校時に渡された宿題をしている」が58.5%と最も多く、次に「自学自習している」が32.6%、「送付されてくる宿題をしている」が29.7%となった。

■ 学習塾主催のオンライン授業を中学生が55.8%、中学生の母親が78.4%認知
中学生、中学生の母親のどちらも8割以上が「満足している」と回答

 オンライン学習について知っていると回答した695人を対象に、学習塾が主催するオンライン授業を知っているか聞いたところ、中学生(n=371)は55.8%、中学生の母親(n=324)は78.4%が知っていると回答し、そのうち「知っているが、受けたことはない」は中学生が26.7%、中学生の母親が41.4%と最も多く、次に「以前は受けていたが、今は受けていない」は中学生が17.3%、中学生の母親が24.7%、「現在受けている」は中学生が11.9%、中学生の母親が12.3%となった。

 続いて、学習塾主催のオンライン授業を利用したことがある228人を対象に、学習塾主催のオンライン授業に満足しているか対象者別に聞いたところ、「満足している」「やや満足している」を合わせた満足度は中学生(n=108)が83.4%、中学生の母親(n=120)が80.8%となり、2.6ポイント差となった。

■ 休校要請後の友人との交流は「チャットアプリでテキストやスタンプのやり取り」がトップ
利用サービスは「LINE」が92.4%、次いで「Zoom」が14.9%

 休校していたと回答した中学生380人を対象に、休校要請後の友人との交流について複数回答で聞いたところ、「チャットアプリでテキストやスタンプのやり取り」が64.7%と最も多く、次に「電話」39.2%、「チャットアプリでビデオ通話のやり取り」が30.8%となった。

 次に、休校要請後に友人とチャットアプリを使って交流している中学生262人を対象に、交流時に利用しているサービスについて複数回答で聞いたところ、「LINE」が92.4%と最も多く、次に「Zoom」が14.9%、「カカオトーク」「FaceTime」「Skype」が4.2%となった。

■ 今後のオンライン学習の利用意向は中学生、中学生の母親ともに7割以上
「9月入学」に対する賛成の声や不安の声

 学校主催または学習塾主催のオンライン授業を現在も利用していると回答した163人を対象に、今後もオンラインでの学習を継続したいか聞いたところ、「継続したい」「やや継続したい」を合わせた継続意向は中学生(n=84)が75.0%、中学生の母親(n=79)が79.7%となり、4.7ポイント差となった。

■ 調査概要
・ 調査期間:2020年8月5日~8月10日
・ 有効回答:中学生400人、中学生の母親353人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:12歳~15歳の中学生の男女、中学生の子供を持つ30歳~50歳の母親
・ 設問数 :中学生22問、中学生の母親22問

https://denpanews.jp/