レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】動画サブスクサービス、40代が4.9ポイントと他年代に比べ最も利用増加—MMD研究所

【業界トピックス】動画サブスクサービス、40代が4.9ポイントと他年代に比べ最も利用増加—MMD研究所

動画サブスクサービス、16.2ポイント経験増加、40代が4.9ポイントと他年代に比べ最も利用増加—MMD研究所

 MMD研究所は、過去の調査を元に、スマートフォン利用者を対象に音楽・動画のサブスクリプションサービスの利用経験を集計して推移をまとめ、結果を発表した。

■ 2018年と2019年を比べると、音楽のサブスクリプションサービスは9.7ポイント契約増加、  2017年から女性は約2.3倍、男性は約3.4倍の契約増

 スマートフォンを利用している20歳~59歳の男女を対象に、音楽のサブスクリプションサービスの利用経験について、過去の調査を元に2017年(n=434)から2019年(n=6,231)までの推移を集計した。2017年から2019年まで契約経験者が年々伸びており、2018年(n=437)の14.6%と2019年の24.3%を比べると9.7ポイント増加した。

 これを契約経験者に絞り、性別でみると、男性は2017年(n=434)から2018年(n=437)で4.3ポイント、2018年から2019年(n=6,231)で5.4ポイント増加した。女性は2017年から2018年で1.8ポイント、2018年から2019年で4.2ポイント増加した。2017年から比較すると、女性は約2.3倍、男性は約3.4倍の契約増となった。

 さらに、年代別でみると、20代は2017年(n=434)から2018年(n=437)で0.2ポイント、2018年から2019年(n=6,231)で4.0ポイント増加し、30代は2017年から2018年で0.2ポイント、2018年から2019年で2.6ポイント増加し、2017年から2019年を比較すると20代は約2.7倍、30代は約1.9倍、40代は約4.9倍、50代は約3.3倍の契約増となった。

■ 2018年と2019年を比べると、動画のサブスクリプションサービスは16.2ポイント経験増加、40代が4.9ポイントと他の年代に比べ最も利用が増加した

 次に、スマートフォンを利用している20歳~59歳の男女を対象に、動画のサブスクリプションサービスの利用経験について、過去の調査を元に2018年(n=2,563)から2019年(n=6,231)までの推移を集計した。2018年の18.9%と2019年の35.1%を比べると16.2ポイント増加した。

 これを契約経験者に絞り、性別で2018年(n=2,563)から2019年(n=6,231)の差をみると、男性は8.9ポイント増加、女性は7.4ポイント増加となった。

 さらに、年代別で2018年(n=2,563)から2019年(n=6,231)の差みると、前年と比べ最も増加したのは40代で4.9ポイント。続いて、20代で4.6ポイント、30代は4.0ポイント、50代は2.8ポイントとなった。

■ 動画のサブスクリプションサービスの利用デバイスは2017年と2019年を比べると、「スマートフォン」は増加、「タブレット」と「PC」は減少

 スマートフォンを利用かつ動画のサブスクリプションサービスの契約経験がある20歳~59歳の男女を対象に、動画サービスの利用デバイスについて、過去の調査を元に2017年(n=933)と2019年(n=2,187)を再集計した。「スマートフォン」は2017年の24.4%と2019年の62.5%を比べると38.1ポイント増加した。「タブレット」は2017年の15.8%と2019年の11.7%を比べると4.1ポイント、「PC」は2017年の34.7%と2019年の15.8%を比べると18.9ポイント減少した。

■ 調査概要
「サブスクリプションサービスの利用推移調査」
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有している20~59歳の男女
・ 集計対象調査:
「2017年5月 定額制動画配信サービス利用者実態調査」
「2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」
「2018年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」
「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」
「2020年2月 サブスクリプションサービス利用動向調査」

http://www.denpanews.jp/