レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】店舗での契約数トップは「docomo」、オンラインでの契約数トップは「楽天モバイル」―MMD研究所

【業界トピックス】店舗での契約数トップは「docomo」、オンラインでの契約数トップは「楽天モバイル」―MMD研究所

店舗での契約数トップは「docomo」、オンラインでの契約数トップは「楽天モバイル」―MMD研究所

 MMD研究所は、2019年4月26日~5月7日の期間で15歳~69歳の男女44,159人に予備調査を行い、1年以内に新規・MNPで通信会社を契約したと回答した4,000人に対して「2019年5月モバイル通信契約に関する調査」を実施した。調査結果は以下の通り。

■ 直近の契約手続き、3キャリアユーザーは「機種変更」、格安スマホユーザーは「MNP」
 予備調査として、15歳から69歳の男女44,159人を対象に、直近のモバイル端末の新規契約や機種変更手続きについて聞いたところ、最も多かったのは「機種変更」で52.0%となった。

 これを3キャリアユーザー(n=33,935)、格安スマホユーザー(n=10,224)に分けて見てみると、3キャリアユーザーは「機種変更」が60.2%で最も多かったことに対し、格安スマホユーザーは「MNP」が最も多く27.2%という結果になった。

 覚えていないと回答した人を除き、契約した時期を聞いたところ、新規契約(n=6,052)とMNP(n=4,671)は「1年以内」に行ったという回答が最も多く、機種変更(n=22,958)は「2年より前」という回答が最も多い結果となった。

■ 契約会社を選んだ理由、3キャリアユーザーは「ブランドイメージがよい」、格安スマホユーザーは「他の通信会社より安いと思った」
 予備調査で1年以内に新規またはMNPで通信会社を契約したと回答した4,000人に本調査を行った。

 同調査対象者に契約している通信会社を選んだ理由を聞いたところ、3キャリアユーザー(n=2,099)は「ブランドイメージがよい」、格安スマホユーザー(n=1,901)は「他の通信会社より安いと思った」がそれぞれトップの理由となった。

■ 店舗での契約数トップは「docomo」、オンラインでの契約数トップは「楽天モバイル」
 通信会社の各契約を行った場所を聞いてみると、「キャリアショップ・直営店」が52.3%、次いで「家電量販店などのカウンター」15.1%、「オンラインの公式サイト」11.5%となった。

 キャリアショップ、家電量販店、携帯ショップなど、店舗で契約したと回答した人(n=32,075)と、オンラインで契約したと回答した人(n=5,089)が契約している通信会社を集計したところ、店舗契約は「docomo」が39.4%、次いで「au」が27.9%、「SoftBank」が19.0%となり、オンライン契約は「楽天モバイル」が20.9%、次いで「docomo」が17.5%、「mineo」が10.1%となった。

■ 店舗契約者28.3%、オンライン契約者40.1%が「自分に合った料金プランを選ぶことができた」と満足
 店舗で契約したと回答した人(n=3,120)とオンラインで契約したと回答した人(n=880)に契約手続きの満足点を聞いたところ、店舗契約者、オンライン契約者ともに「自分に合った料金プランを選ぶことができた」がトップにあがった。ただし、店舗契約者は28.3%、オンライン契約者は40.1%と、よりオンライン契約者の方が料金プランの選択について満足していることがわかった。

■ 店舗契約を選んだ理由「店員に分からないことをすぐ聞ける」、オンライン契約を選んだ理由「好きな時間に申し込める」
 続いて、店舗契約者に店舗を選んだ理由を聞いたところ、「店員に分からないことをすぐ聞ける」が38.5%、次いで「近所に店舗がある」が31.4%、「対面の安心感がある」が29.1%となった。

 オンライン契約者にオンラインを選んだ理由を聞いたところ、「好きな時間に申し込める」が49.3%、次いで「自宅や好きな場所で申し込める」が44.1%、「店舗へ行くのが手間」が40.7%となった。

■調査概要
「2019年5月 モバイル通信契約に関する調査」
・ 調査期間:2019年4月26日~5月7日
・ 有効回答:予備調査44,159人、本調査4,000人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:予備調査 15歳から69歳の男女
      :本調査 1年以内に新規・MNPで通信会社を契約した人
・ 設問数 :予備調査5問、本調査10問

http://www.denpanews.jp/