レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】普段の支払い方法、最多は「現金」、次いで「クレジットカード」

【業界トピックス】普段の支払い方法、最多は「現金」、次いで「クレジットカード」

普段の支払い方法、最多は「現金」、次いで「クレジットカード」―MMD研究所調べ

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女35,000人を対象に2019年9月27日~9月30日の期間で「QRコード決済の支払い方法に関する調査」を実施した。

■ 普段の支払い方法は「現金」89.7%、「クレジットカード」74.8%、「カード型の交通系電子マネー」が34.5%、「QRコード決済」は22.5%

 スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女35,000人を対象に、普段の支払い方法について聞いたところ(複数回答可)、「現金」が89.7%と最も多く、次いで「クレジットカード・デビットカード」、「カード型の交通電子マネー」の順となった。ちなみに「QRコード決済」は22.5%、「非接触スマホ決済」は14.0%となった。

 QRコード決済を利用していると回答した人(n=7,876)を対象に、現在メインで利用しているQRコード決済サービスを聞いたところ、「PayPay」が44.2%と最も多く、次いで「楽天ペイ」が17.1%、「LINE Pay」「d払い」が13.6%となった。


■ QRコード決済サービスの登録支払い方法・チャージ方法一覧表

 現在メインで利用しているQRコード決済サービスの登録支払い方法について聞いたところ以下の結果となった。
クレジットカード連携が出来るサービス(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、d払い、Origami Pay、Amazon Pay)利用者(n=7,038)がクレジットカード連携を現在利用しているのは59.3%。他サービスを経由してチャージ(PayPay、楽天ペイ、d払い、メルペイ、au PAY、FamiPay)の利用者(n=6,643)が他サービスを経由してチャージを現在利用しているのは29.6%。
ATMでの現金チャージ(PayPay、LINE Pay、au PAY、pring)の利用者(n=5,901)がATMでの現金チャージを現在利用しているのは22.0%。
銀行口座からのチャージ(PayPay、LINE Pay、メルペイ、au PAY、Alipay)の利用者(n=5,184)が銀行口座からのチャージを現在利用しているのは51.5%。
レジでの現金チャージ(PayPay、LINE Pay、au PAY、FamiPay)の(n=4,951)利用者がレジでの現金チャージを現在利用しているのは19.8%。
クレジットカードからのチャージ(PayPay、au PAY、FamiPay、Alipay)の利用者(n=3,882)のクレジットカードからのチャージを現在利用しているのは43.7%。
スマホ料金と合算払い(d払い、au PAY)の利用者(n=1,344)がスマホ料金と合算払いを現在利用しているのは65.5%。
銀行口座連携(Origami Pay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay、&Pay)の利用者(n=80)が銀行口座連携を現在利用しているのは56.3%となった。

■ 利用してみたいQRコード決済の登録支払い方法・チャージ方法「クレジットカード連携/チャージ、銀行口座連携/チャージ」

 QRコード決済を利用していない人(n=27,124)を対象にQRコード決済の利用意向を聞いたところ、「利用したい」が9.5%、「やや利用したい」が18.1%と合わせて利用意向は27.6%となった。さらにQRコード決済利用意向者と利用者(n=15,382)を対象に利用してみたいQRコード決済の登録支払い方法・チャージ方法を聞いたところ、62.7%が「クレジットカード連携」と回答した。次いで「クレジットカードからの連携」「銀行口座連携」の順となり銀行やクレジットカード以外の方法では「ATMでの現金チャージ」が18.9%、「レジでの現金チャージ」が17.6%となった。

■ 調査概要
・ 調査期間:2019年9月27日~9月30日
・ 有効回答:35,000人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する18歳から69歳の男女
・ 設問数 :14問

http://www.denpanews.jp/