レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】有料動画、Amazon プライム・ビデオが他を圧倒、人口推計で 1000 万人を超える―フィールドワークス

【業界トピックス】有料動画、Amazon プライム・ビデオが他を圧倒、人口推計で 1000 万人を超える―フィールドワークス

有料動画、Amazon プライム・ビデオが他を圧倒、人口推計で 1000 万人を超える―フィールドワークス

 株式会社フィールドワークスと映像メディア総合研究所合同会社は、全国 5000 人規模のネットアンケート調査を実施し、テレビ放送、映画館、DVD・ブルーレイ、有料・無料の動画配信など、すべての映像視聴メディア・サービスのユーザー利用実態を調査・分析し、レポートを発行した。

■調査について
 同調査は、今回で8年目となり、経年変化データも充実。各映像視聴メディアの利用率、利用数、利用コンテンツジャンル、利用サービス、利用数の変化、利用増減理由などの基本的な項目に加え、注目の動画配信サービスに関する項目では、都度課金型、定額見放題型、セル(販売)型に分け、スマホ、PC、テレビなどデバイス利用、テレビ番組の見逃し配信、利用のきっかけ、利用サービスの選択理由など、ユーザーの利用動向を多角的に分析している。

■調査結果(抜粋)
 TVer、TikTok などの利用拡大を受け、無料動画が前年から 3 ポイント利用率を伸ばす無料テレビ放送、映画館、DVD・ブルーレイ(BD)レンタルなどが前年から利用率を下げたなか、YouTube などの無料動画が前年から 3 ポイント、定額型見放題の SVOD が 2 ポイント利用者割合を伸ばした。無料動画のなかで、特に前年からの伸びが大きかったのが TVer で、テレビ番組の見逃し配信の利用は着実に進んでいる。また、今回から選択肢に加わった TikTok も 10 代の利用率が他の世代と比べ著しく高く、全体では LINE LIVE を超える利用割合となった。SVOD の利用率は 14.3%となり、有料テレビ放送の 16.2%にあと 2 ポイントと迫った。これにレンタル型の TVOD とデジタルセルを加えた有料動画配信全体の利用割合は 17.7%となり、この割合は DVD・BD の購入と並びます。一方、DVD・BD レンタルの利用率大幅減に対し、同じく映画などの新作を扱う TVOD の伸びは緩慢で、レンタル、TVOD を合わせた新作の需要は明らかに低減している。

■調査結果(抜粋)
 有料の動画配信サービスでは、Amazon プライム・ビデオが他を圧倒、人口推計で 1000 万人を超える有料の動画配信の利用を牽引するのは Amazon プライム・ビデオで、動画配信の有料利用者のうち 48.2%が利用しており、他のサービスに比べ群を抜いて高い利用率となった。これを調査対象全体における利用割合に置き換えると 7.8%となるが、Amazon プライム会員の特典として「無料の意識」で利用している人も加えると、この割合は 12.8%となり、人口推計で 1000 万人を超える。Amazon に続く、他のサービスも着実に利用者を増やしてはいるが、Amazon との利用率の差は年々広がっている。
 
【調査概要】
■レポート名:映像メディアユーザー実態調査 2019
■調査目的:映像視聴メディア・サービス利用者の利用実態の把握
■調査対象メディア・サービス:映画興行 無料テレビ放送、有料テレビ放送 DVD・ブルーレイのレンタル DVD・ブルーレイの購入、無料動画サービス、定額型動画配信(SVOD)、レンタル型動画配信(TVOD)、デジタルデータでの動画販売(デジタルセル)
■調査期間:2018年 11 月 22 日~11 月 28 日
■調査対象者:13~69歳男女
■調査エリア:全国
■調査方法:インターネットアンケート調査
■集計サンプル数:5021 人
■調査企画:株式会社フィールドワークス/映像メディア総合研究所合同会社

http://www.denpanews.jp/