レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】楽天モバイル、「常識をくつがえす料金プラン」ついに明日発表

【業界トピックス】楽天モバイル、「常識をくつがえす料金プラン」ついに明日発表

楽天モバイル、「常識をくつがえす料金プラン」ついに明日発表

 楽天モバイルは、3月3日に開催を予定している「楽天モバイル プレスカンファレンス」にて料金プランの正式発表を行う予定。あわせて15時から、専用ページやTwitterでライブ配信を行う。

 2月13日、同社の決算説明会において三木谷浩史代表取締役会長兼社長(楽天モバイル代表取締役会長兼CEO)が「日本の携帯料金は高く、データ使用量は先進国の中では少ない。とにかく、分かりやすい料金設定にしたいと思う。3月3日に料金を発表する。」と語り、発表を予告していた。

 プランの内訳や通信の質は各社によって異なり、単純な比較はできないが、大手3社の通信料金は、データ容量の最上位プランでNTTドコモが7150円(利用可能データ量30ギガ、定期契約なし)、KDDIが7650円(上限なし、継続利用による料金割引未加入 時)、ソフトバンクが7480円(50ギガ、基本プランとデータプランの合算)。
 日本経済新聞の報道によれば、楽天は大容量のデータ通信でNTTドコモなど大手3社の現行料金の半額以下を目指す。当面は先行投資で携帯電話事業は赤字の見通しだが、低価格を打ち出し大手から顧客を奪う狙いがあるという。主力プランのデータ通信量を最終調整しており、容量に上限を設けないことも検討しているという。
 しかし、楽天はこの報道について、同社が発表したものではないとした上で、料金は3日のイベントで明らかにするとしている。

http://www.denpanews.jp/