レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】Facebook ビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」を発表 

【業界トピックス】Facebook ビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」を発表 

Zoomの無料版のような時間制限なしに最大50人でビデオミーティングを楽しめるツールに

 米Facebookは4月24日(現地時間)、「Zoom」と競合するビデオミーティングサービス「Messenger Rooms」を発表した。Zoomの無料版のような時間制限なしに最大50人でビデオミーティングを楽しめる。「一部の国で今週から」ロールアウトし、数週間かけてグローバルに拡大していくとしている。
 マーク・ザッカーバーグCEOは自身のFacebook投稿で、この新サービスは(新型コロナウイルス感染症対策で)「直接会うことのできない、大切な人々との繋がりを感じられるようにするため」に提供すると語った。Zoomのような本来企業向けのサービスではなく、あくまでもプライベートでの利用を想定したサービスだ。
 FacebookあるいはFacebook Messenger(以下「Messenger])でRoomを開ける。間もなくInstagram Direct、WhatsApp、Portalからも開けるようになる。

 Roomを開くには、PCあるいはモバイル端末のFacebookあるいはMessengerに表示されるようになる「Roomを開く」をタップし、一意のURLを参加してほしい友達と共有する。招待方法などのヘルプはまだないが、画像を見ると招待されるとニュースフィードの「ストーリーズ」の上に参加可能なRoomがカルーセル状に表示されるようになるようだ。
URLでの招待なので、Facebookアカウントを持っていない人も招待できる。RoomへはPCからもモバイル端末からも参加できる。
 Messengerアプリから参加する場合は、ビデオ通話で利用可能なうさ耳などのARエフェクトや新たに追加になる360度のバーチャル背景と“ムードライティング”も利用できる(下右端の画像)。
Zoomの教訓を生かし、セキュリティとプライバシーにも配慮している。Room開催者は誰を参加させるかを細かく設定でき、Zoombombingのようなトラブルを避けるために開始したRoomを「ロック」して後から誰かが入ってこられないようにすることもできる(ロックされたRoomから退出することは可能)。
 RoomsはMessenger上のサービスなので、Messenger同様に動画と音声による会話はユーザーの端末からFacebookのサーバ間で暗号化されている。暗号化はエンドツーエンドではないが、エンドツーエンドの暗号化を目指すとしている。
 Facebookは他のサービス同様にRoomからも(Facebook外からの参加者のものも)個人情報を収集するが、Roomでの音声と動画のデータを広告のために利用することはなく、(少なくとも当面は)Roomに広告を表示することはないという。
 Facebookはまた、WhatsAppのグループ通話(こちらはエンドツーエンドで暗号化されている)の参加可能人数を4人から8人に増やすことと、「ライブ動画」の新機能も発表した。

URL; https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/25/news016.html
Facebook; https://about.fb.com/news/2020/04/introducing-messenger-rooms/

https://denpanews.jp/