レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDI、「映像×5G」の法人向け5G対応ソリューション提供 20年3月から

【業界トピックス】KDDI、「映像×5G」の法人向け5G対応ソリューション提供 20年3月から

KDDI、「映像×5G」の法人向け5G対応ソリューション提供 20年3月から

 KDDIは、5Gと高精細動画像、AIを組み合わせた法人向け5G対応ソリューションを2020年3月より順次提供すると発表した。また、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を通じた5Gトライアル環境の提供を2019年11月より開始する。
 
 同サービスは、「5G」の特長である大容量・低遅延を活かし、高精細動画像の伝送とAIの組み合わせにより、AIの検知精度が向上するほか、従来、固定回線やオンプレミス環境で構築されていたシステムが効率化され、導入・運用コストが低減される。これにより、導入から運用までトータルコストの圧縮や一時的な現場での利用など、環境に依存することなくビジネスの早期展開が可能となる。
 
 今回、KDDIは5G対応ソリューションの第1弾として、「AIカメラ」「Intelligent Display」「3Dホログラム」の3サービスを発表した。
 
 AIカメラは、5Gを利用することで大容量かつ高精細な映像のアップロードが可能となり、画質向上による認識精度が向上したことで、マーケティングや店舗設計への活用が期待される。ローカル環境にサーバー設置が必要となるシステム構成と比較して、クラウド環境にサーバーを設置することにより、スペースや配線の課題に悩むことなく運用が可能なソリューションとなっている。
 
 Intelligent Displayは、ローカル環境に設置していたサーバーをクラウド環境に移行することにより、コンテンツの即時更新や導入コスト削減など業務効率化が可能となり、また、属性解析を行うことで、商業施設などでのOne to Oneマーケティングが可能となっている。
 
 3Dホログラムは、専用ディスプレイに加えて、センサー連携によるインタラクティブなコンテンツ生成の実現、3DCGコンテンツの制作などをワンストップで提供する。遅延が少ない操作性と触感も加えた新しい「Natural User Interface」により、新たな訴求方法やコンテンツの利用が可能で、ローカル環境に設置していたサーバーをクラウド環境に移行することにより、筐体のダウンサイジングが可能となっている。
 
 価格は、AIカメラがクラウドサーバ利用料(最大5台のカメラを接続した場合)として月額4万/台~、カメラ台数単位が同1万6000円/台~(サーバー、キッティングに係わる費用を含み、5G回線、5G端末、オプション、個別開発、カメラ、施工にかかる費用が別途発生)。Intelligent Displayが、月額4万9000円/台~(65インチマルチタッチディスプレイ、サーバー、アプリケーション、クラウド、カメラにかかる費用を含み、5G回線、5G端末、施工にかかる費用などが別途発生)。3Dホログラムが、月額7万7000円/台~(ディスプレイ、PC、CMS、ジェスチャー・触感フィードバックセンサにかかる費用を含み、5G回線、3DCGコンテンツ制作、設定、運用支援、配送、設置にかかる費用などが別途発生)。
 
 記者会見の場に登壇したKDDIビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏は、「これまでIoT領域ではセンサーから通信、クラウド、パッケージまでワンストップで一括提供してきたが、5Gでもワンストップで提供することで他社との差別化を図りたい」と説明。さらに、「5Gを含むIoTビジネス全体で、2022年3月までの3年間で売上高1000億円を目指す」として、意気込みを語った。