レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDI、サッカー日本代表戦で5G時代を見据えた「新しい応援」第2弾 VR体験イベントを実施

【業界トピックス】KDDI、サッカー日本代表戦で5G時代を見据えた「新しい応援」第2弾 VR体験イベントを実施

KDDI、サッカー日本代表戦で5G時代を見据えた「新しい応援」第2弾 VR体験イベントを実施

 公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、サッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリンホールディングス、サッカー日本代表サポーティングカンパニーであるKDDIの3社は、JFAが主催する2019年6月9日「キリンチャレンジカップ2019」試合会場(ひとめぼれスタジアム宮城)において、XRテクノロジーを用いたサッカー日本代表の新しい観戦体験を提供した。
 
 2019年3月に実施した「ARサッカー観戦」に続き、XRテクノロジー導入第2弾となる同取り組みは、サッカー日本代表戦の試合開始前において、来場者にとって、スタジアム外での観戦体験をより豊かなものとし、応援に臨むモチベーションをより高めることを目的としたもの。
 最大100名が同時にVR体験を可能とする「VR同時視聴システム」を活用し、サッカー日本代表VRドキュメンタリー映像「The Blue-勝利に向けた日本代表戦の舞台裏-」を楽しめるVR体験イベントをスタジアム外の特設ブースにて実施した。
 
 使用したドキュメンタリー映像は、2019年3月22日に開催された「キリンチャレンジカップ2019」SAMURAI BLUE(日本代表)対コロンビア代表戦の際に撮影した特別映像。通常公開されることのない、サッカー日本代表戦のロッカールームの様子をはじめとする試合に臨む前のサッカー日本代表の姿や、チームバスの中、ピッチでのウォーミングアップの様子、スタジアムへの入場シーンなど選手目線での映像を、VR体験として提供した。
 
 また、同日補助競技場で開催された「JFAフットボールパーク/PKチャレンジ in 宮城」の様子を特設ブース内のモバイル型VR端末に8K360度VR映像としてライブ配信する取り組みも実施した。