レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KDDIも最大4割値下げの新料金プラン導入、データ制限ないプランも

【業界トピックス】KDDIも最大4割値下げの新料金プラン導入、データ制限ないプランも

KDDIも最大4割値下げの新料金プラン導入、データ制限ないプランも

 KDDIは13日、携帯電話の通信料を最大4割値下げする新料金プランを発表した。新たに提供を開始する「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」に、「家族割プラス」を適用することで最大4割引を実現するほか、データ容量に上限のないスマホ向け料金プラン「auデータMAXプラン」も提供開始する。「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」は6月1日から、「家族割プラス」は10月1日から提供開始。また「auデータMAXプラン」は今夏の提供開始を予定している。
 
 「新auピタットプラン」は、ユーザーが使用したデータ利用量に合わせて、月々2,980円から3段階の月額料金が自動的に適用される料金プラン。加入した家族の人数に応じて「新auピタットプラン」の月額料金を最大1,000円割り引く「家族割プラス」を適用すれば、2人なら月々2,480円から、3人以上の家族なら月々1,980円からとなり、データ利用量1GBにおいて従来の料金プランよりも最大4割安く利用できるという。
 
 「auフラットプラン7プラス」は、月々3,480円で毎月7GBまでのデータ容量に加えて、対象のSNSがデータ容量を気にせず利用できる新料金プラン。auスマートフォンを利用しているユーザーのデータ利用量は、1GBから7GB未満が約半数を占めており、SNSのデータ容量を気にすることなく利用したいという要望に応える形で「auフラットプラン7プラス」が誕生したとのこと。7GBのデータ容量に加え、データ容量を消費せずに対象のSNSを利用できるほか、月間利用データ量が7GB超過後も300kbpsの通信速度でSNSなど各種コンテンツを利用することができる。
 
 「家族割プラス」は、対象プランに加入の家族の人数に応じて、月々の料金を割り引く新たなサービス。2人なら500円、3人以上なら1,000円、毎月の利用料金から割り引かれる。「auスマートバリュー」と併用して利用できる場合、家族3人以上なら月々最大2,000円の割引となる。
 
 「auデータMAXプラン」は、5G時代を見据えた、月間データ容量に上限がないスマートフォン向け料金プラン。加入した家族の人数に応じて「auデータMAXプラン」の月額料金を最大1,000円割り引く「家族割プラス」と「auスマートバリュー」の適用により、2人なら月々7,480円、3人以上の家族なら月々6,980円で利用できる。また、料金プラン申し込みの翌月から6カ月間「auデータMAXプラン」の月額料金を1,000円割り引く「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」を適用することにより、月々5,980円から利用できる。
 なお、テザリング・データシェア・国際ローミング通信を利用の場合、20GB/月の制限がある。
 
 携帯料金を巡っては、4月にNTTドコモが最大4割値下げする新料金プランを公表しており、今回のKDDIの値下げプランはこれに追随した形となる。しかし、データ上限がないプランは、ドコモやソフトバンクには設定されておらず、国内の大手キャリアでは初の試みとなる。
 政府要請に端を発する携帯電話料金値下げの動きだが、ソフトバンクや10月に新規参入する楽天の今後の対応が注目される。