レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】KEIO FREE Wi-Fi日本語に対応、下北沢駅でも利用可能に

【業界トピックス】KEIO FREE Wi-Fi日本語に対応、下北沢駅でも利用可能に

KEIO FREE Wi-Fi日本語に対応、下北沢駅でも利用可能に

 京王電鉄株式会社では、3月16日から無料Wi-Fiサービス「KEIO FREE Wi-Fi」が日本語にも対応する。また、新たに井の頭線下北沢駅で提供を開始する。これにより、京王線・井の頭線の20駅・3施設で「KEIO FREE Wi-Fi」が利用可能となる。

 「KEIO FREE Wi-Fi」は、2014年12月にサービス提供を開始し、これまで英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語の4か国語のみの対応だったが、利用者の利便性向上のため、新たに日本語にも対応する。
 
【サービス詳細】
1.サービス名称
KEIO FREE Wi-Fi(SSID: KEIO_FREE_Wi-Fi)

2.新たなサービス提供駅
井の頭線下北沢駅

3.開始時期
3月16日

4.対応言語(下線は今回追加した言語)
日本語、英語 、中国語(繁体・簡体)、韓国語

5.通信事業者
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(以下、「NTTBP」)

「KEIO FREE Wi-Fi」はNTTBPが提供するスマホ向け認証アプリ(無料)「Japan Connected-free Wi-Fi」に対応。
一度アプリの利用登録を行えば、「KEIO FREE Wi-Fi」のエリアに加えて既に「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画している他のエリア(日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約17万アクセスポイント※1)でも手軽な操作で無料Wi-Fiサービスを利用できる。※2

※1 2019年2月時点のアクセスポイント数。
※2 同アプリを利用するほか、ブラウザで個別に利用登録を行うことでも、「KEIO FREE Wi-Fi」 を利用できる。

http://www.denpanews.jp/