レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】LINEとカタリナ マーケティングが協業開始

【業界トピックス】LINEとカタリナ マーケティングが協業開始

LINEとカタリナ マーケティングが協業開始、「LINEクーポン」には「ココカラファイン」のクーポンも

 LINE株式会社とカタリナ マーケティング ジャパン株式会社は、協業およびシステム共同開発により、コミュニケーションアプリ「LINE」内「LINEクーポン」で、カタリナのクーポンコンテンツ提供を開始した。

 消費者の購買行動に対するデジタルメディアの影響が高まる中、国内で月間8,100万人が利用する「LINE」内「LINEクーポン」上で新たにカタリナのクーポンコンテンツを提供するこの度の協業により、「LINEクーポン」はデジタル領域でのサービス拡充を図り、クーポンプラットフォームとしての付加価値の向上を目指す。

 「LINEクーポン」上に登場するカタリナのクーポンコンテンツ第一弾は、全国1,300を超える店舗を展開する大手ドラッグストアチェーン「ココカラファイン」。「LINEクーポン」には「ココカラファイン」の店舗で使える日用品、化粧品、食品飲料などの一般消費財のクーポンが登場している。

 今後「LINEクーポン」は、カタリナネットワーク内外の小売店やメーカーのクーポンを順次拡充。これまで「LINEクーポン」で提供するクーポンは飲食チェーンのクーポンが中心だったが、この度の協業によって一般消費財のクーポンも加わるようになり、「LINEクーポン」は人々の生活により密着した存在となっていく。将来的にユーザーは「LINE ウォレット」上の「LINE Pay」や「LINEポイント」、LINE公式アカウントなどとも連携していくことで、シームレスな購買体験が可能になる。

【「LINEクーポン」でカタリナのクーポンコンテンツを提供することの特長】
■消費者(LINEユーザー)にとってのメリット
「LINEクーポン」のコンテンツとして食品飲料・一般消費財のクーポンが拡充し、多様なクーポンをモバイルで容易に取得・保存・利用できるようになる。

■メーカーにとってのメリット
消費者への圧倒的なリーチを有する「LINE」内「LINEクーポン」上でクーポンを活用した商品プロモーションを展開するとともに、毎週1億件以上のレジ通過者へ「レジ・クーポン」を直接配布できるカタリナネットワークとの連携による顧客理解に加え、「LINEクーポン」を通じたデジタルプロモーション施策の展開が可能になる。

■小売店舗にとってのメリット
POSの初期改修が不要で、提示されたモバイル上のバーコードを読み取るだけの簡易な店頭オペレーションからクーポンの取り扱いをスタートすることが可能。将来的には、より店舗負荷が小さいよりシームレスなクーポンを使って来店促進を行うことが可能になる。

http://www.denpanews.jp/