【業界トピックス】MWC2024、KDDIが初出展

MWC2024、KDDIが初出展

 2024年2月26日~29日にかけて開催される世界最大のモバイル技術の展示会「MWC Barcelona 2024」において、日本が総務省支援のもと、「ジャパンパビリオン」を出展することが分かった。運営事務局はエムアンドエムカラーで、場所はHall 6のブースE54。

MWCは、毎年スペインのバルセロナにて開催されている世界最大級のモバイル技術の展示会とカンファレンスで、200を超える国・地域から様々な分野を代表する企業のキーパーソンなど10万人以上が来場する。ヨーロッパだけでなくアメリカ、アジアなど世界中が注目する機会となる。



ジャパンパビリオンには、AMATELUS株式会社、エレファンテック株式会社、株式会社エンプラス、情報通信研究機構(NICT)、住友電気工業株式会社、株式会社精工技研、星和電機株式会社、大日本印刷株式会社、東京工業大学・マクセル株式会社、日本航空電子工業株式会社、日本電業工作株式会社、日本無線株式会社、株式会社メリテック、森田テック株式会社、株式会社RevCommの15社・団体が参加。

AMATELUSは、複数台のカメラで撮影された映像を、視聴者がウェブ上でスワイプすることで(アプリ内でも可能)、自由に視点を切り替えながら視聴できる配信システム「SwipeVideo(スワイプビデオ)」を展示。これは国際特許取得済みで、映像処理負荷や配信負荷の高さからこれまで困難とされてきた自由視点映像やマルチアングル映像をクラウド配信できるという特徴がある。

また、KDDIはジャパンパビリオンとは別に初出展することも発表され、注目を集めている。

MWCサイト
Japan Pavilion詳細
KDDIリリース

https://denpanews.jp/

この記事をSNSシェア

REPORT
関連レポート