レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】NTTドコモ、「バーチャルキー」を活用した カーシェアサービスの実証実験をタイで開始

【業界トピックス】NTTドコモ、「バーチャルキー」を活用した カーシェアサービスの実証実験をタイで開始

NTTドコモ、「バーチャルキー」を活用した カーシェアサービスの実証実験をタイで開始

 株式会社NTTドコモは、ドコモのタイ連結子会社であるMOBILE INNOVATION CO.,LTD.と連携 し、タイでオート リース事業を展開する東京センチュ リー株式会社の海外連結子会社TC CAR SOLUTIONS CO.,LTD.と、日本駐車場開発株式会社のタイ法人NIPPON PARKING DEVELOPMENT CO.,LTD.がタイで展開するカーシェア事業の運用効率化をめざし、スマートフォンでドアの開閉ができる「バーチャルキー」を活用した、無人貸し渡しカーシェアサービスの実証実験をタイにおいて2019年12月1日より開始する。

 ドコモは、仏自動車部品・システムサプライヤーのヴァレオグループと共同で、バーチャルキーソリューションを日本およびアジア市場向けに開発している。同ソリューションでは、車両に専用の通信型車載器を取り付けることにより、モバイルアプリから予約した車両用のバーチャルキーをスマートフォンに配信し、ドアの開閉を実現。これより、従来のように物理キーの受け渡しをすることなく非対面で車両の貸し出しができるようになる。さらに予約や車両の状況は車両管理者が、専用のポータルサイト上で管理ができることから運用の効率化が図れる。

 ドコモは、IoTのグローバル展開を支援する法人向けサービス「Globiot」の一環として、TCCSとNPDタイが共同で展開する、オートリース車両を活用した法人会員限定カーシェアサービス「TN Car Sharing」に対し、MIと連携して同ソリューションを提供し、無人貸し渡しカーシェアサービスに関する実証実験を行う。現在、TN Car Sharingでは予約受け付けから鍵の貸し出しまで有人で運用している。
 今回、既存のカーシェアサービスを無人化する同実証実験を通じて、非対面によるカーシェアの顧客価値やバーチャルキーの運用課題を把握し、デジタル化による運用の効率化について検証する。また検証結果を基にタイでの商用化をめざすとともに日本においてもカーシェア事業をはじめ多様な分野への展開も視野に入れた取り組みを行っていく。

http://www.denpanews.jp/