срочный займвзять кредит онлайн

データ・レポート

Data & Report

HOME ≫ データ・レポート ≫ 【業界トピックス】NVIDIAとソフトバンクグループ、Armを400億⽶ドルで買収に合意

【業界トピックス】NVIDIAとソフトバンクグループ、Armを400億⽶ドルで買収に合意

NVIDIAとソフトバンクグループ、Armを400億⽶ドルで買収に合意

 NVIDIAとSBGは、NVIDIAがArmをSBGおよびソフトバンクグループから400億⽶ドルで買収することに最終合意した。本取引によりNVIDIAのnon-GAAPグロスマージンとnon-GAAP EPSは直ちに増加する。
 ⼀流のAIコンピューティングカンパニーであるNVIDIAと、世界でもっとも普及したコンピューティングプラットフォームであるArmの連合により、共にイノベーションを加速させ、広⼤な⾼成⻑市場へと事業を展開することとなり、AIの時代のコンピューティングカンパニーが誕⽣する。ソフトバンクグループは、NVIDIA株式を保有することで、Armの⻑期にわたる成功に引き続きコミットするとしている。なお株式保有⽐率は10%以下を⾒込んでいる。
 NVIDIA、SBG、Armの取締役会において承認された本取引の条件に基づき、NVIDIAは取引完了時に合計120億⽶ドルの現⾦(最終契約締結時に⽀払われる20億⽶ドルを含む)と215億⽶ドル相当のNVIDIA普通株式をソフトバンクグループに対価として⽀払う。引き渡されるNVIDIA株式数は4,430万株で、これは直前30取引⽇におけるNVIDIA普通株式終値の平均値から決定された。さらに、ソフトバンクグループはアーンアウトに基づき、Armが⼀定の業績⽬標を達成することを条件に、最⼤50億⽶ドルの現⾦もしくは普通株式(1株当たりの価格は同額)を受け取る。
 また、NVIDIAはArmの従業員に対して15億⽶ドルの株式を付与する。これらの条件に基づき、ソフトバンクグループは合計10%以下のNVIDIA株式を保有する予定で、今後も継続的に貢献していくとしている。保有割合はアーンアウトの最終⾦額によって変動する。
 NVIDIAは、本取引の現⾦部分については、⼿元資⾦で充当する予定。本取引には、ArmのIoTサービスグループは含まれない。
 本取引は、英国、中国、EU、⽶国を含む必要な規制当局の承認、その他の⼀般的なクロージング要件の充⾜を必要としている。本取引は約18カ⽉間で完了されることを⾒込んでいる。

https://denpanews.jp/