レポート

report

HOME ≫ レポート ≫ 2020年 サブスクリプションサービスの市場動向調査

2020年 サブスクリプションサービスの市場動向調査

  • ■ サブスクリプションサービスの市場規模は、2023年に1.4兆円に拡大する見込み。
  • ■ 利用期間の長いジャンルは、「新聞・ニュース」、「アプリ・ソフトウェア」。
  • ■ 「音楽」、「動画」、「書籍・雑誌・コミック」は、月額1,000円未満の利用率が高い。
  • ■ 年代別では、「音楽」、「動画」が10代から50代までの1位、2位を独占。

 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は2月4日、2020年 サブスクリプションの市場動向調査の結果をまとめた。
 2019年はサブスクリプションサービスが盛り上がりを見せ、従来の動画や音楽の配信サービス以外にも、自動車や不動産など、様々なジャンルでサブスクリプションサービスが開始された。現状のサブスクリプション市場は、動画や音楽などのエンターテイメント系のサービスの利用が多いが、今後は飲食業界などのオフラインのサブスクリプションサービスの成長や、個人が一般消費者に課金するマイクロサブスクリプションの発展など、様々な分野で市場の活性化が見込まれる。
 今回の調査では、今後さらなる市場発展が見込まれるサブスクリプションサービスの市場規模と見通しや、ユーザーの利用実態を把握することを目的とした。

■ サブスクリプションサービスの市場規模は、2023年に1.4兆円に拡大する見込み。

 2019年のサブスクリプションサービスの市場は約1.1兆円まで拡大しており、このうちスポーツジム、ファッション、美容、飲食店、教育、ソフトウェア、その他のサービスなどの「サービス・健康・教育」領域が5,330億円(全体構成比47%)、各種物品や飲食物の定期購入、カーシェア、自動車等の定額利用などの「物品購入・レンタル」領域が2,060億円(全体構成比18%)、音楽配信、動画配信、電子書籍、デジタルニュース等の「デジタルコンテンツ」領域が4,050億円(全体構成比35%)となっており、「サービス・健康・教育」領域が全体の約半分を占めている。
 大企業のサービス参入などにより、サブスクリプションサービスへの顧客認知度や顧客体験がより浸透し、市場が活性化することで、2023年には「サービス・健康・教育」領域が6,180億円(全体構成比43%)、「物品購入・レンタル」領域が2,620億円(全体構成比18%)、「デジタルコンテンツ」領域5,570億円(全体構成比39%)となり、2023年の市場規模は約1.4兆円まで拡大する見通し(2019年比 126%)。

■ 利用期間の長いジャンルは、「新聞・ニュース」、「アプリ・ソフトウェア」。

 サブスクリプションサービスの提供事業側から見た場合、新規会員を伸ばすのと同時に重要なことが、継続利用期間となる。Webアンケートで約4,000人のユーザーに対して、利用期間をジャンルごとに聞いたところ、利用期間3年以上は「新聞・ニュース」が約7割、「アプリ・ソフトウェア」が約4割となった。特に「新聞・ニュース」は、一度加入したら継続利用期間が長い傾向が見られる。

■ 「音楽」、「動画」、「書籍・雑誌・コミック」は、月額1,000円未満の利用率が高い。

 普段利用しているサブスクリプションサービスの月間利用金額を聞いたところ、月額利用金額1万円以上が多かったジャンルは「ファッション・美容」、1千円以上1万円未満が多かったのは、「新聞・ニュース」・「教育・学習・資格」・「飲食店・食料品宅配」・「カーシェア・自動車定額利用」、1千円未満が多かったのは「音楽」・「書籍・雑誌・コミック」・「アプリ・ソフトウエア」・「動画」・「ゲーム」となった。なお「ファッション・美容」は月額利用金額1万円以上が最も多く32%だが、1千円以上1万円未満も31%となり、大差がない状況となっている。

■ 年代別では、音楽・動画が10代から50代までの1位、2位を独占。

 サブスクリプションサービスの利用者に対して、普段利用しているサービスを聞いたところ、60代以上を除く全ての年代で、「音楽」、「動画」が1位、2位を独占した。一方で3位については、10代・20代が「ゲーム」、30代・40代は「書籍・雑誌・コミック」、50代は「新聞・ニュース」と、年代ごとに傾向の違いが見られた。
 スマホ・タブレットの普及で定額動画サービス・定額音楽サービスが手軽なコストで場所を問わず利用できることが、「音楽」・「動画」の利用が各年代で受け入れられている要因と分析される。
 サブスクリプション市場の認知は進んでいる一方で、サブスクリプションビジネスをいち早く取り入れた企業が、撤退する動きも見られる。サブスクリプションサービスは定額で料金を継続的に払い続けるサービスであるが、電気・ガスのように利用に応じて利用料金を支払い続ける「リカーリング」と呼ばれるビジネスも注目されており、今後様々な業種で所有から利用に向けたビジネスモデルの変化が起こることが予想される。

  
  

【本資料の調査結果・推計データについて】

* この調査のWebアンケート調査は、3,976人のサブスクリプションサービス利用ユーザーへのアンケート調査の結果およびサブスクリプションサービス提供者への取材の結果をまとめて分析したものである。Webアンケート実施時期は2019年12月9日から12月16日。
* サービス名の表記は主に提供事業者が用いているものを採用したが、カナ・アルファベット・大文字・小文字の表記が異なる場合がある。また正式名称と通称が異なる場合がある。
* 本資料における全ての文章、数値、表、グラフデータは、ICT総研スタッフによる取材やアンケート調査、各種文献等を元に当社アナリストが記述・推計したものであり、当該企業や公的機関等の公表値と異なる場合がある。
* 本資料における全ての文章、数値、表、グラフデータは、資料公開時点のものであり、その後の市場環境等の変化や新たな分析に基づき予測データ等を予告なく変更する場合がある。
* 本資料は報道・ニュースメディア向け資料であり、ICT総研の許可無く、データ、グラフ等を広告および販促活動に利用することを禁止する。
* 本資料に記載された文章、グラフ等を報道、各種ホワイトペーパー、セミナー資料、学術研究資料等に転載する場合は、「ICT総研調べ」「出典:ICT総研」などの表記を加えて下さい。
  
  

この調査のWebアンケートロウデータを販売します。
サブスクリプションサービス利用有無、利用ジャンル、利用期間、利用金額、満足度、今後利用したいジャンル、(未利用者向け)利用しない理由などについての回答結果を記載しています。
回答者の性別・年齢・職業・居住地域等の属性データとのクロス集計をする際などに、ご活用ください。

2020年 サブスクリプションサービスの市場動向調査
98,000円(税別)

ご興味のある方は、ご一報ください。
内容についてのお問い合わせも、お待ちしております。
株式会社 ICT総研  出版部
TEL : 03-6206-0941
E-mail : info@ictr.co.jp